オリジナルTシャツを作ってみる!
アイロンプリントで、オリジナTシャツ作りにチャレンジしてみました。


アイロンプリントでオリジナルTシャツ作りに初チャレンジしてみました。
「いまごろ?」と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、アイロンプリント紙だけはとっくの昔に買ってあったのですよ、2〜3年前と思っていたらなんと2000年、6年も前に!。(笑)
6年前に買ったものとは知らず、第一作目を作ってしまいました。
アイロンプリントは初めてなので、とりあえず2年ぐらい着ている白のTシャツにプリントしてみたのですが・・・。
なんだか、とっても暗くて、ぼやぼや〜っとした仕上がり。 目の辺りはつぶれまくって、ほら穴、うわぁーエイリアンみたい・・・、恐〜っ。 うーむ!、アイロンプリント紙の賞味期限が切れていたからなのか(?)、文字も出てないし、これじゃあちょっとねぇ、納得がいきませんねー。

出来はともかく、試着して大きさなどを確認してみることに!
プリント部分がパッカリとした硬い感じ。目が粗く薄手のTシャツ素材だったためか、濃いグリーンベース部分は布地の白が所々に小さく見えていて、既にひび割れそうな予感も・・・。(汗)
綺麗だったら、白にグリーン、悪くないんだけどなー・・・。(ガックリ)
イラスト画像の幅は約24センチぐらいになるようプリントしてみたのですが、ちょっと大きすぎかな?。 これらの失敗経験は次に活かさなきゃね。
 
   

  第一作目で使用したのはエプソンのアイロンプリント紙で5枚入りでした。 指定通り、アイロンプリント紙の推奨設定でプリントしたところ、「マジで?」というような色、しかも暗い! これじゃあいくらなんでも・・・と設定を変えてプリントしているうちに4枚を使い切ってしまい、「げっ!あと一枚しかない〜」と焦りつつ調整した最後の一枚を転写したのが、上の写真のブリTです。

で、翌々日さっそくヨドバシに向かい、アイロンプリント紙を見に行くと・・・、メーカーや種類別で約20以上の商品があり驚き!
しかし、こんなにあるとどれを買ったらいいか迷ってしまいますねー。
説明書きやプリントサンプルを見て、左の3点を購入。
第2作目は、真ん中のELECOMの商品で試作してみることに!
売場にあったプリントサンプルで、いちばんプリント部分が柔らかく、写真も結構綺麗に出ていたので。。

    とにかく、アイロンプリント紙に綺麗に印刷できていないものを、Tシャツに転写したら、画質はもっと悪くなるので、まずは普通紙で色合いや明るさなどの調整をする!、これが大事です。

私のプリンタはエプソンのPMシリーズですが・・・、
アイロンプリント紙の用紙設定は、基本が「普通紙-ファイン-左右反転」になっているだけ(メーカー、プリンタにより異なります)のようなので、私は普通紙の詳細設定で品質はフォト、自然な色合いを選び、さらにシアンとマゼンタを濃くする調整をしてみました。

アイロンプリント紙は高価なので、普通紙でお試しプリントをし、綺麗に出たらアイロンプリント紙に印刷するのがオススメです。
そうそう、もしも最初から綺麗にプリント出来ていたら、即、アイロンプリント紙に印刷して問題ありませんよ〜。^^

・・・で、グリーンベースでもそこそこ綺麗に調整出来たのですが、やはり細めの文字がキビシイ!うーーーーむ! ということで、ベースカラーを明るめの色に変更しました。
 
 

 

本番のアイロンプリント紙にプリントし、「さあ!カットして、Tシャツに転写するぞ!」と、気持ちが焦ったのか(苦笑)、転写フィルムがカッターの刃先に引っかかって破けてしまいました〜(しかも、印刷が乾いてなくて汚してしまった!)。 この商品は柔らかい仕上がりのため、フィルムが薄いのです。しかし!今回は予備の予備まで購入してあるので余裕!
2回目は・・・、慎重にカットして、OK!、OK!

あとは、プリントペーパーに付いている説明書通りアイロンで熱転写するだけ! これは、比較的簡単です。^^

   
→カットでミスした1枚目のシート  
  ↑これだけ残りました。
      →前作との比較:小さくなっているが綺麗

 

上記の行程を経て、ブリTが出来上がりました〜♪
わりと、いい感じにできましたよー! 少し薄手でキメが粗い、有りもののTシャツ(一作目と同じで新しいもの)だったので、もう少し詰まった布地なら、もっと綺麗にプリントできるかもです。袖部分、バックの襟刳りにもプリントしてみました。凝る凝る〜♪ 
プリント面は柔らかく、横に引っ張ってもかなり伸びる感じで、着心地もGOODです。やはり、アイロンプリント紙は進化していました。
今回、アイロンプリントで一番難しいのは、「いかに綺麗に印刷する(できる)かだ!」と確信しました。 綺麗に出来るとなかなか面白いです!
ヨドバシにあったプリント見本は、かなり綺麗だったので、工夫次第で、面白いモノができるかも?!

   

 

←というわけで、今回のブリT用に作った画像はこちら!
A4サイズそのままで(プリンタによっては多少調整が必要かも)プリントできるはずです。

アイロンプリントのし方は簡単に言えば、「カットしたシートをプリントしたい場所に置き、平らな台の上で押しながらアイロンがけする」だけです。
商品のパッケージ内に、とっても詳しい説明書が入っていますので、ここでは行程を省略しましたが、大丈夫! 思っていたよりずっと簡単でした。