The Brittany has an extremely high-energy level and they are the smallest of the hunter-pointer-retriever breeds.
「ブリタニーはポイントする鳥猟犬なのだ!」
  ポイントする猟犬と言えば、その名のとおり“ポインター”。
“ ポイント”とは、猟で獲物を発見(または近くに居ることを察知)したときに、立ち止まって獲物の居る方向を凝視し、鼻先を突き出して片足を上げてハンターに知らせるポーズのことで、このポーズをしたとき“ポイントしている”と言い、ポイントする犬だからポインターと名づけられたのです。ポインターの子犬達は生後2〜3ヶ月で、この姿勢をとるそうですが、実はブリタニーにもこの性質が備わっているのです。
ブリタニーの飼い主の方々は、もちろんご存じ! ブリタニーは小さな“ポインター(ポイントする犬)”なのです。
生後2〜3ヶ月でポイントしていたかどうかは、記憶していませんが、龍も小さな頃からしばしばポイントしています。
ただ、我が家の龍は鳥への興味、執着が薄いような気が・・・。
ブリタニーの歴史、鳥猟犬の仕事、役割などについては、
breton-freek.com のEpagneul Breton
(エパニュール・ブルトン)を是非読まれたし!
 

Wild & Sporty Dog!
全身がバネのようなブリタニー。嬉しさを表現するときも、弾丸のように駆け寄ってきてアタックが炸裂する龍に、最初の頃は戸惑いを隠しきれなかった私ですが、表情の豊かさ、パワフルで面白い行動や動きに、3年以上経った今でも目が離せない、飽きない。
特に運動能力の高さ、嗅覚の鋭さには目を見張るモノがあるブリタニー。まだまだ多くはないものの、アジリティーやフリスビーで活躍するブリタニー&オーナーさんが増え、また、警察犬は普通7犬種と決まっているそうですが、捜索救助部門の嘱託警察犬に合格するブリタニーだって現れてきたのだ! 凄いぞ、ブリタニー! イェーイ!! 人懐こく従順であっても、けして下部のようにはならない 、「明るい自由犬」であるブリタニー達はワイルドでスポーティー、ナイーブな心と野良犬のごとき逞しさを併せ持つwans! その魅力にはまってしまったら・・・、なかなか抜けられないのです。



遠くから弾丸のように走ってきてジャンプする龍。訓練より遊びが大好き!
photo/桃井一至さん
生後5ヶ月頃、既にワイルドな一面が・・・
photo/松岡芳英さん
   
 
 
 
森や林、自然を背景にしたとき、小さな犬とは思えない逞しさを感じるブリタニー。 その生き生きとした表情を見ることがブリタニーと暮らす者達の至福の時でもあるのです。 photo/Eddy papaさん
 
       
      様々なシチュエーションで、「こんな顔をするのか?」という、普段はまったく見せない表情を見せてくれるのが面白い。 photo/ちびうさず@なべさん  
                         
             
         
  匂いに敏感なブリタニーは遊びながらも一瞬ハッとするほど真剣な表情で固まる瞬間がある。 photo/龍ママ    
 
 
                 
        濡れても、どろんこになっても様になるのがブリタニーなのだ。 photo/桃井一至さん  
「匂いをとっている」などと言われるが、その様子は凄まじく、まるでバキュームしている掃除機のようである。 photo/Eddy papaさん
                                     
  ※当サイト上に掲載されている著作物の著作権は、wanchantoに帰属しています。また上記掲載の写真には、それぞれの写真家さんに著作権が存在しますので、無断でご使用になることは出来ません。